山陽新聞デジタル|さんデジ

中高生3人 用水転落の高齢者救助 岡山東署が県善行賞伝達

表彰状を手にする西山さん(左)、大石さん(中央)、藤原さん
表彰状を手にする西山さん(左)、大石さん(中央)、藤原さん
 用水に転落した高齢男性を救助したとして、旭東中1年の西山徹さん(13)、大石賢俊さん(13)、瀬戸南高2年の藤原空良さん(16)に岡山県善行賞が贈られ、岡山東署で16日、伝達式があった。

 同署によると、11月15日朝、岡山市東区益野町内で、自転車を押して歩いていた男性(80)=同市=が用水(幅2・6メートル、深さ1・3メートル)に自転車ごと落ちるのを登校中の西山さんが目撃。その場を通り掛かった大石さんと藤原さんに応援を求め、藤原さんが119番、大石さんが近所の人を呼び、協力して男性を用水から引き上げた。男性に大きなけがはなかった。

 伝達式では水原宏志署長が3人に表彰状と記念品を手渡した。男性に最初に気付いた西山さんは「驚いたけど、助けなければと思って体が動いた。無事で安心した」と話した。

(2021年12月20日 18時14分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ