山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山城天守閣飛び出すカード配布 岡山市、企画展の入場記念

企画展の入場者に配っているポップアップカード
企画展の入場者に配っているポップアップカード
岡山城天守閣が仕掛け絵本のように飛び出すポップアップカード
岡山城天守閣が仕掛け絵本のように飛び出すポップアップカード
 岡山市は、岡山城天守閣が仕掛け絵本のように飛び出すポップアップカードを作った。岡山シティミュージアム(北区駅元町)で26日まで開催中の企画展「岡山城歴史絵巻」に合わせた限定デザイン。入場記念として配布している。

 ポップアップ部分をのりとはさみで組み立ててA4サイズの台紙に取り付け、開くと天守閣の写真や金色のしゃちほこ、金箔(きんぱく)瓦が立ち上がる仕組み。登城記念として人気の「御城印」を模しており、岡山城のイメージカラーの金と黒のグラデーションを施した。表紙には宇喜多、小早川、池田の歴代城主の家紋や旗印などをあしらった。

 来年11月のリニューアルオープンに向けて大規模改修中の天守閣から特別に移されている「日本100名城スタンプ」の台紙としても使用できる。同ミュージアムは「展示会場で岡山城の雰囲気を感じてほしい」としている。

 無料だが、企画展の入場料(一般310円など)は必要。問い合わせは同ミュージアム(086―898―3000)。

(2021年12月09日 18時38分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ