山陽新聞デジタル|さんデジ

ドイツ、ショルツ連立政権発足 メルケル氏が引退、社民党内閣

 8日、ベルリンの連邦議会で新首相に選出され、花束を受け取るショルツ氏(ロイター=共同)
 8日、ベルリンの連邦議会で新首相に選出され、花束を受け取るショルツ氏(ロイター=共同)
 【ベルリン共同】ドイツ第1党の中道左派、社会民主党(SPD)のショルツ氏(63)が8日、連邦議会(下院)で新首相に選出されて就任、SPD主体の3党連立政権が発足した。世界的な知名度を誇るメルケル首相(67)は16年の在任期間を終え、政界を引退した。欧州最大の経済国ドイツの新政権の動向を各国が注視している。

 SPD出身の首相はシュレーダー氏以来16年ぶり。新政権はSPDと第3党の環境保護政党「緑の党」、経済界に近い第4党の中道、自由民主党(FDP)の連立で、国民の関心が高い気候変動対策のほか、労働や住宅問題などSPDの伝統的な政策を重視する。

(2021年12月08日 21時19分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ