山陽新聞デジタル|さんデジ

福山で鳥インフル 3万羽殺処分へ 高病原性の疑い

福山市の養鶏場で始まった殺処分の作業(広島県提供)
福山市の養鶏場で始まった殺処分の作業(広島県提供)
 広島県は7日、福山市の養鶏場で死んだ鶏から高病原性の疑いがあるH5亜型の鳥インフルエンザウイルスが検出されたと明らかにした。中四国地方での発生は今季初で、県は養鶏場が飼育する採卵鶏約3万羽の殺処分を始めた。終了まで2、3日かかる見込み。

 6日午後2時15分ごろ、養鶏場から「死亡鶏が増えている」と県東部畜産事務所に連絡があった。簡易検査で13羽のうち11羽で陽性が確認され、同日夜から遺伝子検査していた。高病原性かどうかを確認している。

 殺処分は7日午前11時に開始。防護服を着た県職員が鶏舎に入り、午後2時時点で1330羽を処分した。敷地内で埋却する予定で、農場の消毒も併せて進める。1日570人態勢で昼夜作業に当たる。

 県によると、福山市内では9カ所の養鶏場が約51万羽を飼育。鶏や卵などの移動が制限される半径3キロ圏内に他の養鶏場はないが、域外への搬出が制限される10キロ圏内には他に6カ所あり、約8万羽が飼育されている。県は畜産関係の車両を対象とする消毒ポイントを福山市に4カ所設け、8日は尾道市に1カ所追加する予定。

 この日、下野六太農林水産政務官が県庁を訪れて湯崎英彦知事と会談し、原因究明のための疫学調査チームを現地に派遣したと報告。湯崎知事は会談後、「(国には)養鶏農家への支援や原因究明をお願いしたい」とし、下野政務官は「県の要望をしっかり聞きながら、できる限りの対応を取る」と述べた。

 今季に入り養鶏場や施設での発生は秋田、鹿児島、兵庫、熊本、千葉、埼玉県に続き7県8例目(鹿児島は2例)。広島での確認は昨年12月の三原市以来、2例目となる。

(2021年12月07日 21時13分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ