山陽新聞デジタル|さんデジ

労組結成直後に准教授を雇い止め 愛知・菊武学園

 名古屋経営短大と名古屋産業大(いずれも愛知県尾張旭市)を運営する「菊武学園」が、労働組合を立ち上げた40代の女性元准教授を雇い止めにしていたことが6日、関係者への取材で分かった。雇い止め通告は結成の数日後だった。元准教授は組合活動への報復で不当労働行為だとして県労働委員会に紛争調整のあっせんを申請、学園は解決金を支払った。

 元准教授は組合の委員長を務めている。学園は書記長の50代女性教授に対しても2022年度以降の契約を更新しないと通告した。

 学園の担当者は取材に「教員としての指導に不十分な点があったからで、労組結成とは関係ない」とコメントした。

(2021年12月06日 13時14分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ