山陽新聞デジタル|さんデジ

米16州で「オミクロン株」確認 CDC所長「さらに増える」

 米疾病対策センター(CDC)のワレンスキ所長(ゲッティ=共同)
 米疾病対策センター(CDC)のワレンスキ所長(ゲッティ=共同)
 【ワシントン共同】米ABCテレビは5日、新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」が全米50州のうち少なくとも16州で確認されたと報じた。米疾病対策センター(CDC)のワレンスキ所長はABCの番組で「さらに増える」と感染拡大の見通しを示す一方、現在の新規感染者の大多数は依然デルタ株の感染者だとも述べた。

 また、ファウチ国立アレルギー感染症研究所長は5日、CNNテレビで、南アフリカからの情報などを踏まえオミクロン株は「重症化の度合いがそれほど高くないようだ」と指摘。ただ、断定するには「時期尚早」としてさらなる研究が必要だとの認識を示した。

(2021年12月06日 05時53分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ