山陽新聞デジタル|さんデジ

落語家の三遊亭円丈さん死去 新作落語で人気、76歳

 落語を演じる三遊亭円丈さん=2010年3月、東京・浅草
 落語を演じる三遊亭円丈さん=2010年3月、東京・浅草
 三遊亭円丈さん
 三遊亭円丈さん
 自作の新作落語を数多く手掛けて人気となった落語家の三遊亭円丈(さんゆうてい・えんじょう)さんが11月30日午後3時5分、心不全のため東京都内の病院で死去した。76歳。名古屋市出身。葬儀・告別式は近親者で行った。喪主は妻ユリ子さん。

 名人と呼ばれた六代目三遊亭円生に入門、ぬう生を名乗った。1978年真打ちに昇進し円丈に。新感覚の新作落語で人気となり、弟子ばかりでなく、“円丈チルドレン”と呼ばれる多くの後進たちに影響を与え、それまで古典が中心だった落語界で新作の地位を引き上げた。生み出した作品は300に上るとされ、代表作に「グリコ少年」などがある。

(2021年12月05日 16時48分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ