山陽新聞デジタル|さんデジ

川口オート、事故で選手が死亡 接触して落車、10月にも

 競輪とオートレースを統括するJKAは4日、埼玉県川口市の川口オートレース場で3日に開催された第5レースで黒岩明選手(45)=川口=が他車と接触して落車し、同日午後11時22分、「重症頭部外傷」で死亡したと発表した。同オートレース場では10月30日にも佐藤正人選手が落車事故で死亡している。

 JKAの笹部俊雄会長は「佐藤選手の喪失感からも癒えない中、痛恨の極み。心からご冥福をお祈り申し上げます。このような痛ましい事故が起きないよう、改めて関係者一同で努力してまいります」とコメントした。

 東京都出身の黒岩選手は1999年に選手登録され、優勝6回。

(2021年12月04日 14時48分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ