山陽新聞デジタル|さんデジ

明るい新年へ、事件事故なくそう 岡山駅周辺で県など歳末特別警戒

啓発チラシを配る合同パトロール参加者=JR岡山駅前
啓発チラシを配る合同パトロール参加者=JR岡山駅前
パトロール前のコンサートで歌うさとうさん(中央)=イオンモール岡山
パトロール前のコンサートで歌うさとうさん(中央)=イオンモール岡山
壇上から、取り締まりに出発する白バイを見送るさとうさん=岡山市
壇上から、取り締まりに出発する白バイを見送るさとうさん=岡山市
 事件や事故の多発が懸念される年末を控え、岡山県や県警などは3日、JR岡山駅周辺で歳末特別警戒の合同パトロールを行い、駅利用者らに注意を呼び掛けた。

 岡山駅近くのイオンモール岡山で出発式があり、檜垣重臣県警本部長がボランティアら約100人を前に「明るい新年を迎えられるよう、関係機関で警戒を強化しよう」とあいさつ。参加者は地下街や駅前広場を巡り、特殊詐欺への注意や飲酒運転の根絶を訴えるチラシ約千部を配った。

 瀬戸内市出身のシンガー・ソングライターさとうもかさん(27)も県警の一日広報大使に就任し、交通取り締まりの出発式に参加。パトロール前に行われた県警音楽隊とのコンサートで歌声を披露した。

(2021年12月03日 20時13分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ