山陽新聞デジタル|さんデジ

経済安保基金、来春運用へ 先端品開発、国主導に

 経済安全保障基金のイメージ
 経済安全保障基金のイメージ
 政府が先端技術の研究開発を支援するために設立する経済安全保障基金について、来春から運用を始めることが2日分かった。政府が研究分野や目標を設定し、中長期的に民間の開発を推進する。米中のハイテク覇権を巡る攻防が激化する中、人工知能(AI)や宇宙関連技術など国力を左右する次世代分野を国が主導する。

 民間の研究開発への関与を強める背景には、米中両国が巨費を投じて安全保障と経済分野で競争力を高めている現状がある。国の関与が薄く民間主体で進んできた日本では、AIなどの重要技術で後れを取っているとの危機感が強まっている。

(2021年12月02日 20時03分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ