山陽新聞デジタル|さんデジ

毎朝、JR岡山駅周辺を通って自…

 毎朝、JR岡山駅周辺を通って自転車で通勤している。朝のラッシュ時は交通量が多い。途中、何カ所か信号機のない横断歩道がある。渡ろうとすると大抵は止まってくれるのだが、走り抜ける車もいる▼10台に1台しか止まらない―。先日、本紙に載った日本自動車連盟(JAF)の調査結果だ。歩行者が渡ろうとしている信号機のない横断歩道で、一時停止する車の割合は岡山県が10・3%で初の全国ワーストとなった。なんとも不名誉である▼一時停止しない場合、普通車なら違反点数2点、反則金9千円が科される。信号機のない横断歩道は県内に約9200カ所もある。実際、どれほどの交通違反が横行しているのだろう▼JAFの前年調査で最下位だった宮城県では県警が毎月10日を「十○(とまる)日」と定め、警察官が街頭で歩行者優先を周知するDJポリス活動などを繰り広げたという。奏功したのか今年は51・4%で、4位に大幅躍進している▼岡山県警も、昨秋から歩行者が手上げや目線で合図を送って横断するように啓発活動を進めている。取り締まりも強め、今年の摘発件数は10月末で5800件余と前年の2倍を上回る▼きょうから師走。何かと気ぜわしくなるだけに、心にゆとりを持ってハンドルを握りたい。ドライバー一人一人の心掛けで“汚名返上”しなければ。

(2021年12月01日 08時00分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ