山陽新聞デジタル|さんデジ

デニムで「シータ」のワンピース ラピュタ題材に癒toRi18

「天空の城ラピュタ」をモチーフにしたデニムワンピース
「天空の城ラピュタ」をモチーフにしたデニムワンピース
 アパレル製造の癒toRi(ゆとり)18(倉敷市児島下の町)は、スタジオジブリの人気アニメ「天空の城ラピュタ」のヒロイン・シータが着用する衣装をモチーフにしたデニムワンピースを制作した。ジブリ関連グッズの企画販売を手掛けるベネリック(東京)との協業。オンラインなどで扱う。

 シータの濃紺のワンピースをイメージして企画した。胸ポケットの部分には、染色してある色を抜く「抜染プリント」の技術を用いて、作品の鍵となる「飛行石」をデザイン。他にも飛行石と同じターコイズブルーのボタンを胸元のアクセントで採用するなど、各所に作品の世界観を表現した。着丈約120センチのワンサイズで、2万7500円。

 ベネリックのオンラインショップ「どんぐり共和国そらのうえ店」などで販売する。ベネリックは「デニム衣料の産地として知られる倉敷市児島地区で、こだわりと高い技術を持つメーカーとして依頼した。着用することで生まれる色落ちや肌なじみの良さなど、デニムならではの『育てる楽しさ』も感じてもらえたら」としている。

(2021年11月30日 21時05分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ