山陽新聞デジタル|さんデジ

波方国家石油ガス備蓄基地における令和3年度国家備蓄石油ガス放出訓練の実施について

2021年11月30日 12時35分 更新
波方国家石油ガス備蓄基地における令和3年度国家備蓄石油ガス放出訓練の実施について
JOGMEC
JOGMEC(本部:東京都港区、理事長:細野哲弘)は、2021年11月23日、国から委託を受けて管理している波方国家石油ガス備蓄基地(愛媛県今治市、以下「波方基地」)において、令和3年度国家備蓄石油ガスの放出訓練を実施しました。


内航船上での移送数量確認
国家備蓄石油ガス放出訓練は、石油ガスの供給途絶や災害時等の緊急時を想定し、国が備蓄する石油ガス(以下「国備ガス」)を地下岩盤貯槽から隣接基地を経て内航船へ放出するもので、今回の訓練ではプロパン約230トンの放出を実施しました。

本訓練はJOGMECが主催し、波方基地の操業会社である波方ターミナル株式会社が実施主体となりました。波方基地は2013年3月から操業を開始しており、緊急時の国備ガスの放出を想定した実移送訓練は5回目となります。

新型コロナウィルス感染症対策として、計器室への入室制限、マスク・手指消毒・換気等を徹底し、本館会議室から計器室への指令をオンラインによって実施しました。訓練従事者が役割別に色分けしたビブスを着用することによる指揮・命令系統の役割分担の明確化、DCS(注)画面モニターやプロジェクター等を活用した訓練内容の「見える化」等、訓練レベルの向上に努めました。

当日は訓練従事者の意識も高く、各種作業手順や関連機器設備の作動確認等も本番さながらに実施し、計画どおり無事訓練を終了しました。
配管の満液確認
本館会議室での訓練状況確認
内航船荷役中
リリース本文はこちら
https://www.jogmec.go.jp/news/release/news_15_00004.html?mid=pr211130_02
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

あなたにおすすめ

ページトップへ