山陽新聞デジタル|さんデジ

巨大な「プレゼント箱」お目見え 源吉兆庵HD、本社新館にイルミ

源吉兆庵HDの本社新館にお目見えしたプレゼントボックス形のイルミネーション
源吉兆庵HDの本社新館にお目見えしたプレゼントボックス形のイルミネーション
 大きなプレゼント受け取って―。菓子製造販売の源吉兆庵ホールディングス(HD、岡山市北区幸町)の本社新館入り口に、プレゼントボックス形のイルミネーションがお目見えした。赤いリボンをあしらった白い箱が暗闇に浮かび、クリスマスを前に道行く人を楽しませている。

 ボックスは縦10メートル、横8メートル、奥行き7メートル。約20万個のLED(発光ダイオード)を使い、入り口のひさしと柱を飾り付けた。点灯期間は来年3月14日までの午前10時~午後11時半。

 新型コロナウイルス禍が長期化する中、地域を元気にしようと初めて企画した。岡田憲明社長は「夢と希望が詰まったボックス。少しでも明るい気持ちになって年末を迎えてほしい」と話している。

(2021年11月29日 18時07分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ