山陽新聞デジタル|さんデジ

氷河期世代の正規雇用を後押し 岡山で合同企業説明会始まる

就職氷河期世代が参加している合同企業説明会
就職氷河期世代が参加している合同企業説明会
 バブル崩壊の影響で就職難となった「就職氷河期世代」の正規雇用を後押しする合同企業説明会(岡山市主催)が29日、2日間の日程で岡山コンベンションセンター(同市北区駅元町)で始まった。

 初日は市内に本社や事業所がある建設、物流、自動車販売などの約30社・団体がブースを構えた。就職希望者は真剣な表情で企業を訪ね、採用担当者から業務内容や待遇の説明を受けていた。

 総社市の40代無職男性は「前の仕事を辞める原因になった病気が治り、再就職を目指している。新しい一歩を何とか踏み出したい」と話した。

 市は昨年度から氷河期世代の支援に向けて企業説明会や個別相談を企画。計9人の正規雇用につながったという。

 30日は午後1時~4時で、当日参加もできる。無料。

(2021年11月29日 17時58分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ