山陽新聞デジタル|さんデジ

成田空港陽性者のウイルス解析中 ナミビアから到着、国立感染研

 新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)
 新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)
 後藤茂之厚生労働相は29日、ナミビアから成田空港に到着した30代男性の新型コロナウイルス陽性が確認され、新変異株「オミクロン株」かどうかを国立感染症研究所で解析していると明らかにした。

 厚労省によると、男性は28日夕、成田空港に到着し入国時の検査で陽性が確認された。発熱の症状がある。同行の家族2人は陰性で、検疫が指定した施設で待機しているという。

 岸田文雄首相は、ウイルス解析について「4日から5日かかると聞いている」と述べた。

 政府は現在、ナミビアや南アフリカなどからの入国者に、検疫指定の施設での10日間待機を要請している。

(2021年11月29日 15時44分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ