山陽新聞デジタル|さんデジ

アイスホッケー日本パラ出場逃す 北京大会最終予選で開幕3連敗

 【ベルリン共同】パラアイスホッケーの北京冬季パラリンピック最終予選は28日、ベルリンで行われ、日本はドイツに1―2で敗れて開幕3連敗となり、北京パラの出場権を逃した。残りの2試合でイタリア、スウェーデンに勝っても、北京大会に出場できる上位2位以内に入れる可能性がなくなったため。

 日本は第1、第2ピリオドに1点ずつ奪われた。最終の第3ピリオドには吉川(長野サンダーバーズ)が1点を返したが、追い付けなかった。

 日本は2010年バンクーバー大会で銀メダルを獲得したが、2大会ぶりに出場した前回平昌大会では全敗だった。

(2021年11月29日 10時34分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ