山陽新聞デジタル|さんデジ

温暖化防止へ オンライン講演会 12月18日

 地球温暖化防止をテーマにしたオンライン講演会「STOP温暖化くらしき2021」(倉敷市や環境団体でつくる実行委主催)が12月18日に開かれる。

 国立環境研究所地球システム領域の江守正多・副領域長が「いま迫る地球温暖化・気候危機にどう行動すべきか」と題して講演。国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が8月に発表した第6次評価報告書について解説し、温室効果ガスの早急な大幅削減の必要性について話す。

 当日は、市立庄小5年生が用水路のごみ調査から海洋プラスチックごみ問題について調べた成果を報告。市の担当者は、50年までに二酸化炭素排出量の実質ゼロを目指す「ゼロカーボンシティ」を表明した市の方向性について説明する。

 午前10時~11時半。ビデオ会議システム「Zoom(ズーム)」(定員先着100人)と動画投稿サイト「ユーチューブ」で配信する。ズームでの参加希望者は12月6日までに市環境学習センターのホームページから申し込む。問い合わせは同センター(086―440―5607)。

(2021年11月27日 17時18分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ