山陽新聞デジタル|さんデジ

就活本格化前に地場企業知って 12月11日 岡山で5社共同催し

 2023年卒業予定の学生を対象に、製造業や人材サービスなど岡山県内の5社が共同企画した就活イベントが12月11日、第一セントラルビル(岡山市北区本町)で開かれる。

 電子部品の岡山村田製作所(瀬戸内市)▽産業機械のモリマシナリー(赤磐市)▽船舶用プロペラのナカシマプロペラ(岡山市)▽醸造機械のフジワラテクノアート(同)―のメーカー4社と、総合人材サービスのキャリアプランニング(同)が共催。以前から交流のある人事担当者が、連携して学生へのアプローチを強化しようと初めて企画した。

 学生はワークショップを通じて、各社の仕事の内容や業界動向、求められる適性などを学ぶ。午後1時~4時半。参加無料。先着40人。ナカシマプロペラの採用サイトから申し込む。

 同社は「就活が本格化する前に、地場企業の研究や自己分析に役立ててほしい」としている。問い合わせは同社人事部(086―279―5111、平日)。

(2021年11月26日 19時18分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ