山陽新聞デジタル|さんデジ

相撲協会員の行動制限を緩和 後援者との会食、条件つきで許可

 日本相撲協会の芝田山広報部長(元横綱大乃国)は23日、新型コロナウイルス下での協会員への行動制限を緩和することを明らかにした。不要不急の外出が禁じられているが、福岡市の福岡国際センターで開催されている大相撲九州場所の13日目(26日)の18時以降、部屋の後援者らとの会食を条件つきで認める。

 条件は、外出の際には師匠の許可を得ることなどの内容。芝田山部長は「世間は通常の営業や行動をしているにもかかわらず、協会員は厳しい感染対策をしている。せめて本場所に影響のない状況の中で緩和するということ」と経緯を説明した。

(2021年11月23日 21時16分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ