山陽新聞デジタル|さんデジ

市税滞納で別人の口座差し押さえ 岡山市、同姓同名で生年月日も同じ

別人の銀行口座を差し押さえたとして謝罪する岡山市職員=22日午前10時半、岡山市役所
別人の銀行口座を差し押さえたとして謝罪する岡山市職員=22日午前10時半、岡山市役所
 岡山市は22日、市税滞納者への強制徴収で、誤って別人の銀行口座を差し押さえるミスがあったと発表した。同姓同名で生年月日も同じだったためという。

 市によると、住民税など約6万円の滞納者に対して強制徴収の金融機関照会を行い、滞納者と氏名、生年月日が一致する銀行口座を8日に差し押さえた。17日に県外の口座所有者から連絡があり、ミスが発覚。差し押さえを解除し、謝罪した。

 住所などの確認作業が不十分だったといい、同市収納課は「極めて珍しいケースだが、あってはならないミス。複数人での確認など再発防止を徹底する」としている。

(2021年11月22日 12時39分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ