山陽新聞デジタル|さんデジ

まるで別世界 輝く大イチョウ 奈義・菩提寺でライトアップ

ライトアップされた菩提寺の大イチョウ
ライトアップされた菩提寺の大イチョウ
 浄土宗の開祖・法然が修行したとされる岡山県奈義町高円の菩提(ぼだい)寺で20日、国天然記念物・大イチョウのライトアップが始まった。23日まで。

 高さ約40メートル、幹回り約13メートル。推定樹齢は約900年。法然が幼少期、学問成就を祈願して挿した枝が芽吹いたと伝わる。

 午後5時ごろ、発光ダイオード(LED)と投光器が点灯し、黄色い無数の葉がくっきりと浮かび上がった。訪れた人たちは風に揺らぐ葉を眺めたり、写真を撮影したりしていた。家族4人で訪れた看護師(25)=岡山市北区=は「神秘的な雰囲気で、ここだけ別世界のよう」と話した。

 点灯時間は午後5時~8時。同町によると、暖かい日が続いたため葉の色づきが遅く、見頃は今月末の見込み。

(2021年11月20日 20時15分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ