山陽新聞デジタル|さんデジ

操山高生自殺 元監督に停職3カ月 関係者7人も厳重注意や指導

元監督の懲戒処分を発表し、頭を下げる岡山県教委の幹部ら
元監督の懲戒処分を発表し、頭を下げる岡山県教委の幹部ら
 2012年7月、操山高(岡山市中区浜)野球部マネジャーの2年男子生徒=当時(16)=が自殺した問題で、岡山県教委は19日、当時監督だった同高の男性教諭(45)を地方公務員法に基づき、停職3カ月の懲戒処分とした。同高と県教委の関係者計7人に対しても厳重注意や指導を行った。

 県教委によると、教諭は普段からハラスメント行為があり、生徒の自殺直前にはグラウンドに1人残して強い口調で叱責(しっせき)したとされる。聞き取りに対して事実関係を認め、「深く反省している」と話しているという。

 このほか、教諭の行為を抑止できなかった当時の野球部顧問3人を厳重注意、事後の対応や調査が不十分だったとして県教委の元幹部4人を厳重注意や指導とした。鍵本芳明教育長は給与の10分の1を3カ月分自主返納する。

 この問題では、有識者による第三者調査委員会が3月、生徒の自殺は教諭の叱責などが原因とする報告書を県教委に提出。県教委は今月3日に報告の内容を受け入れる考えを示し、関係者の処分を検討していた。

 生徒の遺族は「あまりの(処分の)軽さに驚いている。この程度の処分であれば今後の再発は避けられないと感じる。処分理由について詳しい説明を求めたい」などとするコメントを出した。

 生徒は11年に野球部に選手として入部したが、12年にいったん退部。マネジャーとして復帰後に岡山市内で自殺した。

(2021年11月19日 21時24分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ