山陽新聞デジタル|さんデジ

西川イルミ19日開幕 最多20万個のLEDで街彩る

金色の光に照らされた西川用水。周りの木々もカラフルにライトアップされている
金色の光に照らされた西川用水。周りの木々もカラフルにライトアップされている
夜空に輝くツリー。光とともに、雪の結晶の飾りなどで彩られている
夜空に輝くツリー。光とともに、雪の結晶の飾りなどで彩られている
文字やイラストをかたどった光が流れるように動く巨大イルミネーション
文字やイラストをかたどった光が流れるように動く巨大イルミネーション
満点の星空をイメージしたエリア。星々を見上げながら散策を楽しめる
満点の星空をイメージしたエリア。星々を見上げながら散策を楽しめる
 岡山市中心部の西川緑道公園をライトアップする「西川イルミ2021」(市主催)が19日に開幕する。過去最多となる約20万個の発光ダイオード(LED)で街を飾り、金や青、赤色などの光で川面や木々を鮮やかに照らす。期間は来年1月10日まで。

 「星めぐりの旅」をテーマに、桃太郎大通りからあくら通りまでの南北約550メートルの区間を点灯。西川用水の上は金色の光が輝き、水面に反射して幻想的な雰囲気を醸す。周辺の木々もカラフルにライトアップされる。

 野殿橋ステージには、高さ4メートルのツリーが登場する。近くには、文字やイラストの流れるイルミネーションも置かれる。

 市は15日に試験点灯を実施。早速、多くの市民が散策を楽しんでいた。小学4年の児童(10)は「暗い中できらきらして、とてもきれい。よく通る道なので楽しみ」と話した。

 市庭園都市推進課は「色のパターンが変わる様子も見てほしい。写真を撮るなどしながら思い思いに楽しんで」としている。

 ライトアップは午後5時~同10時。西川イルミは、市中心部のにぎわい創出を狙いに2009年に始まった。

(2021年11月16日 16時48分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ