山陽新聞デジタル|さんデジ

総社市 戸籍証明書電子公印でミス コンビニ交付73件で印字されず

戸籍証明書に印刷される総社市の電子公印
戸籍証明書に印刷される総社市の電子公印
 総社市は15日、全国のコンビニエンスストアで市が交付した戸籍証明書73件に、電子公印が印字されていなかったと発表した。

 市によると、9月11日~11月12日にコンビニで発行した戸籍全部事項証明書、戸籍個人事項証明書、戸籍付票73件に「岡山県総社市長之印」と書かれた2・1センチ四方の公印が印刷されていなかった。9月10日にシステムを更新した際、業者が設定をミスし、市職員と行う確認も不十分だったという。

 11月12日、公印がない証明書が添付された婚姻届を受け付けた他市からの連絡で発覚。総社市が事情を説明し、婚姻届は受理された。他のトラブルは確認されていない。

 新谷秀樹・市民生活部長は「市民に最も大切な証明書で誤交付があり、深くおわびする。再発防止を徹底する」とコメントした。

 市は、公印のない証明書を受け取った市民らに対し、手数料の返金や書類を再発行する。問い合わせは、市民課(0866―92―8247)。

(2021年11月15日 20時28分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ