山陽新聞デジタル|さんデジ

21世紀枠、県推薦校に玉野商工 来春センバツ 岡山県高野連が発表

 岡山県高野連は12日、来春に甲子園で行われる第94回選抜高校野球大会の「21世紀枠」の県推薦校に玉野商工を選んだと発表した。同校の県推薦は初めて。

 1957年創立の玉野市立校。野球部は97年創部で甲子園出場はない。夏の岡山大会は2019年に初めて3回戦に進出し、今秋の県大会では2年連続の8強入りを果たすなど近年、存在感を増している。

 手狭な校内のグラウンドから約4キロ離れた球場に通って練習するなど環境に恵まれない中で力を蓄えてきたことや、学校が地元企業と連携して新商品の開発・販売を行うといった地域密着の活動に取り組んでいることなども評価された。

 21世紀枠は3。12月10日に全国9地区別に候補校を絞り込み、来年1月28日の選考委員会で出場校を決める。

(2021年11月12日 16時07分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ