山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山3区の阿部さん、比例復活6選 「経済活性化と支援進める」

比例復活を果たし、支持者から花束を受け取る阿部氏(左)
比例復活を果たし、支持者から花束を受け取る阿部氏(左)
 衆院選は31日投票が行われ、岡山3区の自民党前職阿部俊子氏(62)は、小選挙区で無所属新人に敗れたものの、比例中国で復活を果たし、6回目の当選を決めた。

 2017年の前回選挙で初めて手にした小選挙区の議席を失い、津山市川崎の事務所は重苦しい空気に包まれたが、阿部氏は復活当選確実の一報を受けて午後10時10分ごろ、硬い表情で姿を現した。

 支持者約100人が拍手を送る中、阿部氏は悔しさを押し殺すように両腕を小さく上げて万歳。「小選挙区で敗れたのは私の不徳の致すところ。次は女性議員としてプライドを持って勝たせてもらう」と頭を下げ、「コロナ禍で厳しい生活を送る人々の話をしっかりと聞き、経済の活性化と支援を進める」と6期目への抱負を述べた。

 選挙戦では5期16年の実績をアピール。地域をきめ細かく回り、若者が希望を持てる社会保障の実現、高齢化や人口減少が進む中山間地域でのリモート診療やオンライン授業の拡大などを訴えた。

(2021年11月01日 01時28分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ