山陽新聞デジタル|さんデジ

衆院選、違反警告36件 看板設置など、岡山県警取締本部

岡山県警
岡山県警
 岡山県警の衆院選違反取締本部(本部長・檜垣重臣県警本部長)は31日、投票日前日(30日)までの違反警告件数をまとめた。36件あり、大半はポスターの掲示方法や看板設置に関する違反だった。うち公示(19日)後は3件。

 2017年の前回は、特定の候補者に投票するよう呼び掛けたとして期日前投票所の管理者を書類送検したほか、20件の警告を行った。同本部は「選挙後も違反行為には厳正に対処する」としている。

(2021年10月31日 20時37分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ