山陽新聞デジタル|さんデジ

学生たちが見た新見市(下) 若者と地域の連携に向けて

 新見市千屋地区では少子高齢化が進む。1955年に2885人と最も多かった人口は、現在727人まで減...
この記事は会員限定です。
電子版にご利用登録後、ログインして全文をご覧頂けます。

(2021年10月29日 12時03分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ