山陽新聞デジタル|さんデジ

「讃岐餃子」香川21店で提供へ 11月からキャンペーン

讃岐うどんに通じるもちもちとした食感が特長の「讃岐餃子」
讃岐うどんに通じるもちもちとした食感が特長の「讃岐餃子」
 香川県内の中華料理店などでつくる県中華料理生活衛生同業組合は、讃岐うどん用の県産小麦「さぬきの夢」を使ったご当地グルメ「讃岐餃子(ギョーザ)」を県内21店舗で提供するキャンペーンを11月1日から始める。昨年に続く第2弾で、新たにイタリア料理、焼き肉店などが参加する。

 讃岐餃子は、さぬきの夢を使用したオリジナルの皮でオリーブ豚など県産食材を用いた具材を包むのが条件。讃岐うどんに通じるもちもちとした食感の皮に黒にんにくを練り込んだり、白ワインで煮込んだモツと大豆を包んだりと、独自の工夫が光る餃子がそろう。1食400~1280円。

 期間は来年2月12日まで。テークアウトやネット注文もできる。期間中に3食を食べるとディナー券5千円分などが当たるプレゼント企画も実施。問い合わせは同組合(087―822―2525)。

(2021年10月28日 19時54分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ