山陽新聞デジタル|さんデジ

国民・玉木代表 岡山で街頭演説 「積極財政で給料上がる経済を」

岡山市内で街頭演説する玉木氏
岡山市内で街頭演説する玉木氏
 国民民主党の玉木雄一郎代表は27日、岡山市内で街頭演説し、「積極財政へ転換し、『給料が上がる経済』を実現する」と述べ、最低賃金の引き上げや中小企業への支援を強化するべきとの考えを示した。

 玉木氏は、国内で実質賃金が低下し続けていると指摘。「給料が上がる希望があれば、若い人が奨学金を気軽に借りられたり、結婚や出産を諦めなくてよくなったりする」と強調した。

 さらに、「人づくり」を重視し、教育や科学技術分野の予算に充てる教育国債を創設するとし「日本の最大の資源は人材。財源を確保し、経済成長に必要なイノベーションや技術革新を促していく」と述べた。

(2021年10月27日 19時44分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ