山陽新聞デジタル|さんデジ

連ドラ最高賞に「俺の家の話」 東京ドラマアウォード

 優れたテレビドラマを表彰し海外発信を促す「東京ドラマアウォード2021」の授賞式が27日、東京都内で開かれ、連続ドラマ部門のグランプリにTBSの「俺の家の話」が選ばれた。

 「俺の家の話」は宮藤官九郎さん脚本、長瀬智也さん主演。能楽の人間国宝である父とその息子を軸に、介護や遺産相続の問題に直面した一家の騒動を描いた。

 単発ドラマ部門のグランプリはNHK「太陽の子」。主演男優賞はNHK連続テレビ小説「エール」の窪田正孝さん、主演女優賞はTBS「天国と地獄 サイコな2人」の綾瀬はるかさん。

 助演男優・助演女優各賞は「俺の家の話」の西田敏行さんと江口のりこさん。

(2021年10月27日 17時10分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ