山陽新聞デジタル|さんデジ

解剖過半数「必要性認められず」 邑久光明園の人権擁護委調査

 瀬戸内市の国立ハンセン病療養所・邑久光明園で見つかった入所者約1100人分の「解剖記録」の調査分析...
この記事は会員限定です。
電子版にご利用登録後、ログインして全文をご覧頂けます。

(2021年10月27日 06時13分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ