山陽新聞デジタル|さんデジ

欧州の国会で初めて女性の数が男…

 欧州の国会で初めて女性の数が男性を上回るかと注目された。アイスランドで9月にあった総選挙である。北海道よりやや大きい島に約36万人が暮らすこの国は、世界で最も男女平等が進んでいるといわれる▼選挙結果は定数63のうち女性は30人。半数には届かなかったものの、女性の比率は48%である。比べるまでもないのだが、日本は解散前の衆院で1割にとどまる▼女性の比率とともに驚かされた数字がある。この国の投票率は8割を超す。投票日はお祭りムードで、着飾って投票所に向かう若者もいるとか。政治が身近なのだ▼日本でも平成の初めまでは衆院選で7割を超すこともあった。しかし、近年は急降下し、4年前は半数が投票しなかった。投票率は若い人が低く、年代が上がるにつれて高い傾向がある▼9月にあった本紙シンポジウムは若者と政治がテーマだった。なぜ、若者は政治に関心がないのか。20代のパネリストの言葉が印象的だった。「困っていても政治の問題でなく、個人で乗り越えるべき問題だと思っているからではないか」▼若者に政治は身近なものと感じてほしい。衆院選をその第一歩にしたい。「投票はあなたの声」と題し、14人の芸能人が若者に投票を呼び掛ける動画を公開し、視聴回数が伸びている。身近な人にも声を掛け、投票率アップを目指したい。

(2021年10月24日 08時00分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ