山陽新聞デジタル|さんデジ

16歳の村瀬心椛が初優勝 スノーボードW杯開幕

 女子ビッグエアで優勝し、表彰台でポーズをとる村瀬心椛(中央)=クール(共同)
 女子ビッグエアで優勝し、表彰台でポーズをとる村瀬心椛(中央)=クール(共同)
 【クール(スイス)共同】スノーボードのワールドカップ(W杯)は23日、スイスのクールで開幕してビッグエアが行われ、決勝の女子は16歳の村瀬心椛が合計173・75点で初優勝した。19歳で前回平昌冬季五輪4位の岩渕麗楽は7位だった。

 村瀬心は1回目に軸を斜めにして縦2回転、横3回転するダブルコーク1080を決めて87・75点を挙げ、2回目も86・00点とハイスコアをそろえて2位の平昌五輪覇者アンナ・ガサー(オーストリア)に23・75点の大差をつけた。

 男子は19歳で平昌五輪代表の国武大晃が7位だった。ヨナス・ベージガー(スイス)が初優勝した。

(2021年10月24日 08時12分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ