山陽新聞デジタル|さんデジ

学芸館コールド勝ちで8強入り 秋の中国高校野球大会第2日

【尾道商-学芸館】2回裏学芸館1死二塁、保科が左中間二塁打を放ち、2-2の同点とする。投手小林=山口マツダ西京きずなスタジアム
【尾道商-学芸館】2回裏学芸館1死二塁、保科が左中間二塁打を放ち、2-2の同点とする。投手小林=山口マツダ西京きずなスタジアム
 秋の中国高校野球大会第2日は23日、山口市の山口マツダ西京きずなスタジアムなどで1回戦残り4試合が行われ、2年連続5度目出場の学芸館(岡山2位)は初戦を突破し、準々決勝に駒を進めた。このほか、広島商(広島1位)立正大淞南(島根1位)鳥取商(鳥取1位)が勝ち、8強が出そろった。

 学芸館は七回に一挙6点を奪い、尾道商(広島2位)を12―5の七回コールドで退けた。広島商は8―7で益田東(島根3位)にサヨナラ勝ち。立正大淞南は岩国商(山口3位)に8―0で完勝し、鳥取商は3―2の逆転サヨナラで宇部工(山口4位)に競り勝った。

 第3日の24日は同スタジアムなどで準々決勝4試合が行われる。対戦カードは下関国際(山口1位)―広陵(広島3位)、学芸館―立正大淞南、倉敷工(岡山1位)―宇部商(山口2位)、広島商―鳥取商となった。

 ▽1回戦(関係分)

尾道商
2002001|5
0330006x|12
学芸館
(七回コールド)

▽三塁打 賀美▽二塁打 保科2、宇地原、勝楽、大田原▽暴投 安田

 【評】学芸館が先発全員の15安打で畳みかけた。0―2の二回、保科の左中間二塁打や森下の右前打などで逆転し、三回には保科と奥浜のタイムリーで3点を追加。1点差とされた七回は先頭宇地原の内野安打を足場に長短6安打を集め、一気に勝負を決めた。四回途中から救援した大田原は1失点で踏ん張った。

 尾道商は11安打を放つも投手陣が打ち込まれた。

(2021年10月23日 21時08分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ