山陽新聞デジタル|さんデジ

丁寧な仕事ぶりの刑務作業製品 岡山駅地下で中国地区矯正展

全国の刑務所受刑者による刑務作業製品が並んだ矯正展の会場
全国の刑務所受刑者による刑務作業製品が並んだ矯正展の会場
 岡山刑務所(岡山市北区牟佐)など全国40の刑務所・刑務支所の刑務作業製品を展示即売する「第44回中国地区矯正展」が23日、JR岡山駅地下通路にある「エキチカひろば」(同駅元町)で2日間の日程で始まった。

 ペン先に繊細な花柄などを施した大分刑務所(大分県)のガラスペンや函館少年刑務所(北海道)が「マル獄」シリーズとして売り出しているデニム生地の前掛けなど約280品目計約2千点を販売。岡山刑務所からはコップや焼酎サーバーといった陶芸作品や木製飾り棚が出され、訪れた人たちがじっくりと品定めしていた。

 岡山市北区の女性(75)は「丁寧な仕事ぶりが製品から感じ取れる。社会復帰に向けて頑張ってもらいたい」と紫色のバンダナなどを購入していた。

 24日は午前10時から午後7時まで。

(2021年10月23日 16時48分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ