山陽新聞デジタル|さんデジ

自転車、五輪銀の梶原連覇ならず 世界選手権、女子オムニアム

 女子オムニアムの第3種目エリミネーションで走る梶原悠未(中央)=ルーベ(日本自転車競技連盟提供・共同)
 女子オムニアムの第3種目エリミネーションで走る梶原悠未(中央)=ルーベ(日本自転車競技連盟提供・共同)
 男子1000メートルタイムトライアル決勝で走る小原佑太=ルーベ(日本自転車競技連盟提供・共同)
 男子1000メートルタイムトライアル決勝で走る小原佑太=ルーベ(日本自転車競技連盟提供・共同)
 【ルーベ(フランス北部)共同】自転車トラック種目の世界選手権第3日は22日、フランス北部ルーベで行われ、女子オムニアムで2連覇を狙った東京五輪銀メダルの梶原悠未(筑波大大学院)は15位に終わった。

 梶原は最初の種目スクラッチで12着と出遅れ、テンポレース22着、エリミネーション20着と順位を上げられなかった。総合21位で迎えたポイントレースで24得点したが、合計45点にとどまった。

 男子1000メートルタイムトライアル決勝の小原佑太(日本競輪選手会)は1分1秒385で8位だった。

(2021年10月23日 07時39分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ