山陽新聞デジタル|さんデジ

サイン入り母校のユニホーム公開 大谷・菊池選手が寄贈、花巻市

 公開された大谷翔平選手と菊池雄星投手のサイン入り花巻東高ユニホーム=22日、岩手県花巻市
 公開された大谷翔平選手と菊池雄星投手のサイン入り花巻東高ユニホーム=22日、岩手県花巻市
 いずれも花巻東高(岩手県花巻市)出身である米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平選手とマリナーズの菊池雄星投手のサイン入り同高ユニホームが22日、市博物館で公開された。11月14日まで。

 関係者によると、オールスター戦に初選出された菊池投手が「何か恩返しがしたい」と、花巻東高の恩師佐々木洋監督にサプライズでプレゼントした。ユニホームには「花巻から世界へ」というメッセージが書かれ、花巻市での一般公開が決まった。

 大谷選手は7月に、史上初めて投打の「二刀流」で出場。エンゼルスが、ベンチ裏で花巻東高のユニホームを持った2人の写真をツイッターに投稿し、話題となった。

(2021年10月22日 18時36分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ