山陽新聞デジタル|さんデジ

音楽ステージやグルメ 多彩な催し 31日、高梁で秋のマルシェ

秋の高梁マチナカ・マルシェをPRするチラシ
秋の高梁マチナカ・マルシェをPRするチラシ
 「秋の高梁マチナカ・マルシェ」(実行委主催、山陽新聞社など後援)が31日午前10時~午後4時、JR備中高梁駅一帯で開かれ、音楽ステージや手作り雑貨の販売、グルメといった多彩なイベントが繰り広げられる。

 「びしんふれあいテラス」(高梁市正宗町)の特設ステージでは、地元の子どもたちや岡山県内を中心に活動する音楽家ら8組が備中神楽や合唱、ウクレレの弾き語りなどを披露する。スパイスカレーやケーキ、ベーグルなども販売するが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、持ち帰りのみとする。

 市図書館2階入り口前の「三の丸テラス」(旭町)では、市内のハンドメード作家らが手掛けたアクセサリーやキャンドルが売り出される。

 マルシェは、地域住民やまちづくり団体で構成する実行委が2018年から毎年春と秋に開催。実行委は「音楽やグルメを存分に楽しんで、コロナの自粛疲れを癒やしてほしい」としている。小雨決行。

(2021年10月21日 16時49分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ