山陽新聞デジタル|さんデジ

「接種後死亡」訴えて拘束、中国 12歳娘の母、「騒乱」の疑い

 【大連共同】中国河南省で娘(12)が新型コロナワクチンを打った後に急死したとして、政府機関に情報公開などを求めていた女性が18日までに、「公共秩序騒乱」の疑いで地元当局に拘束された。香港紙、明報などが伝えた。

 明報によると、女性の娘は8月上旬に接種した2日後、高熱や呼吸不全となり、同28日に死亡。女性は短文投稿サイト、微博(ウェイボ)で、地元当局に情報公開や対応を求めたが回答が得られず、当局関係者とみられる男らに暴行されたと訴えていた。北京へ陳情しに行こうとしていたが今月16日に拘束された。

 同紙によると、中国当局は接種に関連する死亡例を公表していない。

(2021年10月18日 19時51分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ