山陽新聞デジタル|さんデジ

ASEAN首脳会議の排除に不満 ミャンマー国軍トップ

 【ヤンゴン共同】ミャンマー国軍トップのミン・アウン・フライン総司令官は18日のテレビ演説で、クーデターで政権を追われた民主派による暴力が横行していると主張した。東南アジア諸国連合(ASEAN)が、暴力停止や特使受け入れに国軍が応じないことを理由に、今月下旬の首脳会議に総司令官を招かないと決定したことに対し、強い不満を示した。

 また、総司令官はASEAN特使に決まったブルネイのエルワン第2外相が「交渉の余地がない要望をした」と指摘。詳細は明らかにしなかったが、特使が軟禁中のアウン・サン・スー・チー氏らとの面会を求めたとみられる。

(2021年10月18日 19時41分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ