山陽新聞デジタル|さんデジ

美少女・美人コンテストGP決定 初の「美男子」も 岡山で最終審査

グランプリを受賞した(左から)福家さん、宮崎さん、広池さん、北村さん
グランプリを受賞した(左から)福家さん、宮崎さん、広池さん、北村さん
 岡山市出身の女優・桜井日奈子さんを発掘した「第7回おかやま美少女・美人コンテスト」(同コンテスト運営委員会など主催)の最終審査が16日、イオンモール岡山(同市北区下石井)のおかやま未来ホールで開かれた。男性が対象の「おかやま美男子コンテスト」も初開催し、各部門で計4人がグランプリに輝いた。

 女性は年齢別で、キッズ部門(小学5、6年)は倉敷市の小学5年北村真悠さん(11)、美少女部門(中高生)は同市の中学1年広池真由子さん(12)、美人部門(19~25歳)は岡山市の大学3年宮崎風輪さん(21)が受賞。初代美男子(小学5年~25歳)は同市の大学4年福家一希さん(22)が選ばれた。

 美少女・美人コンテストには252人、美男子コンテストには65人が応募。この日は書類、写真選考を通過した各部門11~20人の計57人が、ウオーキングを披露した。そのうち28人が最終審査に進み、1分間の自己PRで「モデルになりたい」「絶対優勝する」などとアピールしたり、ダンスや歌、空手を見せたりし、大手モデル事務所のスタッフら9人が審査した。

 グランプリには賞金10万円(キッズ部門は5万円)を贈呈。4人は初挑戦で、北村さんは「喜びよりも驚きの方が大きい」と話し、広池さんは「憧れの桜井さんと仕事したい」、宮崎さんは「モデルの夢に一歩近づけた」と喜んだ。福家さんは「初代の栄冠で最高の気持ち。チャンスがあれば芸能界を目指したい」と意気込んだ。

 コンテストは2014年から開催。新型コロナウイルス対策で最終審査を無観客で実施し、会場の様子は動画投稿サイト・ユーチューブで無料ライブ配信した。

(2021年10月16日 20時30分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ