山陽新聞デジタル|さんデジ

玉野市長選17日投開票 人口減進む地域の将来像巡り激戦

(左から届け出順に)柴田義朗氏と赤松通博氏
(左から届け出順に)柴田義朗氏と赤松通博氏
 任期満了に伴う玉野市長選は17日、投開票される。元県職員の柴田義朗氏(60)=同市築港、元市議の赤松通博氏(58)=同市宇野=の無所属新人2人が立候補し、激戦を繰り広げている。

 4期目の現職引退により、16年ぶりに新たなかじ取り役を決める選挙。基幹産業の造船業が縮小し、人口減が進む地域の将来像を巡り、柴田氏が現市政の刷新を訴えるのに対し、赤松氏は路線の継承を掲げて主張をぶつけ合っている。

 選挙戦で柴田氏は、在宅育児手当創設や市民会館建設、市民センターの機能見直しなどを挙げ「停滞した玉野を再始動する」と強調。赤松氏は、医療体制充実や小中学校の適正規模化、財政健全化などを掲げ「生涯玉野で暮らせるよう全力を投じる」と訴える。

 両氏から推薦依頼を受けた自民、公明両党は自主投票とし、連合岡山は柴田氏を推薦している。

 投票は17日午前7時~午後6時、市内28カ所で行われ、同7時半から市総合体育館(同市玉)で開票される。

 9日現在の有権者数は4万9812人(男2万4072人、女2万5740人)。

(2021年10月15日 20時32分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ