山陽新聞デジタル|さんデジ

高大連携した人材育成へ協定 中国学園大・短大と銀河学院中・高

協定書を手にする千葉学長(左)と吉岡校長
協定書を手にする千葉学長(左)と吉岡校長
 中国学園大・中国短大(岡山市北区庭瀬)と銀河学院中・高(福山市大門町大門)は14日、教育に関する連携協定を結んだ。教員や学生の交流を通じて、人材育成を強化する。

 専門的知見を持つ同大教員が同中・高に出向いてフィールドワークの授業をサポートしたり、同中・高の生徒が大学で授業を受けたりする予定。

 同大・短大で締結式があり、千葉喬三学長と吉岡直人校長が協定書に署名した。千葉学長は「将来のためにも、地方は頑張って人材を育てなければいけない。今回の協定は心強い」とし、吉岡校長は「生徒には大学との連携を通じて多くの人と出会い、関心があることを見つけてほしい」と話した。

 高大連携の一環で、同大・短大は倉敷高との締結に続き2件目。同中・高は4件目という。

(2021年10月14日 14時02分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ