山陽新聞デジタル|さんデジ

倉敷工22年ぶり頂点 秋の岡山県高校野球 学芸館に快勝

優勝を決め、マウンドで喜ぶ倉敷工の近藤。後方は捕手宮田=倉敷マスカット
優勝を決め、マウンドで喜ぶ倉敷工の近藤。後方は捕手宮田=倉敷マスカット
 秋の岡山県高校野球大会(山陽新聞社後援)最終日は10日、倉敷市のマスカットスタジアムで決勝と3位決定戦があり、決勝は倉敷工が3―0で学芸館に快勝し、1999年以来22年ぶり11度目の頂点に立った。3位決定戦は創志学園が6―4で岡山東商を破り、4年連続9度目の中国大会出場を決めた。

 倉敷工は今大会初登板の近藤が学芸館打線を5安打完封し、打線は機動力を絡めて3点を奪った。創志学園は3―2の八回に金田、岡村の連続適時短長打で3点を挙げ、岡山東商を振り切った。

 来春のセンバツの重要な選考資料となる中国大会は22~24、30、31日に山口市の山口マツダ西京きずなスタジアムなどで行われ、倉敷工、学芸館、創志学園の岡山勢を含め5県から16校(開催県の山口は4、他は3校)が出場する。組み合わせ抽選は15日。

(2021年10月10日 18時32分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ