山陽新聞デジタル|さんデジ

ワクチン未接種差別、8県が禁止 27道府県は国の対策求める

 ワクチン未接種者への差別禁止を規定した条例のある自治体
 ワクチン未接種者への差別禁止を規定した条例のある自治体
 新型コロナウイルスワクチンを巡り、石川や長野、高知など8県が条例で未接種者への差別を禁止していることが3日、共同通信のアンケートで分かった。27道府県は、国がさらに対策を進める必要があるとし、「どのような行為が差別に当たるのかをより具体的に示してほしい」などと要望した。

 政府は9月、接種を入学や雇用の条件にすることなどは差別に当たるとする「基本的な考え方」を公表した。しかし、厚生労働省によると未接種者への差別禁止を明確にした法律はない。

 条例で未接種者への差別を禁止している8県は、石川、長野、岐阜、三重、和歌山、鳥取、徳島、高知。

(2021年10月03日 21時01分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ