山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山市、運動会や部活の再開決定 10月、市施設101カ所開館も

学校行事や部活動の再開などを決めた市の対策本部会議
学校行事や部活動の再開などを決めた市の対策本部会議
岡山市、運動会や部活の再開決定 10月、市施設101カ所開館も
 岡山市は29日、新型コロナウイルスまん延防止等重点措置の解除決定を受け、10月1日から市立学校での運動会や部活動の再開を決めた。観光、子育て関連の市有施設101カ所も開館する。ワクチン接種は市の集団接種会場を2カ所追加する。

 運動会や文化祭、山の学校といった学校行事は「中止か延期」としていたが、規模を縮小したり内容を工夫したりした上で実施を認める。部活動の範囲は市内とし、練習試合もできるとした。

 保育園と認定こども園、市立幼稚園では、登園を控える家庭保育の協力依頼に応じた保護者への保育料還付を9月末で終了する。放課後児童クラブも同様の対応。

 8月20日から休業している観光・スポーツ関連の77施設、同27日から休みに入った児童館・センターなど24施設は10月1日から再開する。公民館などで午後8時に早めていた閉館時刻は通常に戻す。

 ワクチン接種では、岡山赤十字病院(北区青江)が同9日から、岡山医療センター(同田益)が同16日から、市の集団接種会場に加わる。いずれも米モデルナ製を使用。ともに、県の共通予約システム(インターネット予約)から申し込む。

 庁内での対策本部会議で決めた。大森雅夫市長は「重点措置解除後も遠出や大勢で集まることを避け、基本的な感染対策を徹底してもらいたい」と述べた。

(2021年09月29日 18時19分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ