山陽新聞デジタル|さんデジ

中国恒大、地銀株式を売却 1700億円、債務返済

 中国恒大集団の本社ビル前で警戒する警備員ら=29日、中国広東省深セン市(共同)
 中国恒大集団の本社ビル前で警戒する警備員ら=29日、中国広東省深セン市(共同)
 【珠海共同】経営危機に陥っている中国の不動産大手、中国恒大集団は29日、所有する中国遼寧省瀋陽市の盛京銀行の株式を99億9300万元(約1700億円)で売却すると発表した。同銀行への債務返済のためとしている。売却先は瀋陽市政府系の投資会社。恒大の資金繰り悪化が、盛京銀行の経営に影響しないよう協議したもようだ。

 習近平指導部は恒大の危機に表立った介入をしていないが、金融市場の混乱につながらないよう地方政府レベルで支援が進む可能性がある。恒大は、政府系会社に株を譲渡することで「盛京銀行の経営が安定する」と説明した。

(2021年09月29日 11時47分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ