山陽新聞デジタル|さんデジ

アニメキャラなどかかし30体 美作、県道作東大原線沿いに登場

ユニークなかかしと北村さん(左端)
ユニークなかかしと北村さん(左端)
 美作市江見吉田の県道作東大原線沿いに、ユニークなかかしがお目見えした。近くに住む北村照美さん(70)が人気アニメのキャラクターやタレントのフワちゃんら30体を作製。通りがかったドライバーや近隣住民の目を楽しませている。

 映画や漫画が大ヒットした「鬼滅の刃(やいば)」の主人公をはじめ、歌手のLiSAさんや笑顔で手を振るバイデン米大統領、マスクを着けた小池百合子東京都知事らを設置している。

 母親と子どもが並び家族写真を撮影する様子を表現した作品は、北村さん自身の家族との思い出を再現したという。母親のかかしには「ねんねこで 母の姿が 浮かび出る」という北村さんの句を布に書いて取り付けている。

 ペットボトルや古着、新聞紙などで作っており、10月30日まで飾る。感想などを書いてもらうためのノートも置いている。

 北村さんは「ノートにつづられる皆さんからの激励や感想がかかし作りの原動力となっている。新型コロナウイルス禍で我慢の日々が続くが、見に来た人が笑顔になってもらえればうれしい」と話す。

(2021年09月28日 15時27分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ